家族の未来を考えるBLOG  子育て・健康・お金の話
米国株

【再考】株価上昇時に取るべき戦略 ~年末に向けて更なる上昇? 米中貿易摩擦の再燃は?

どーも、ちゃだいん(@chadain0809)です。

苦境の8月を乗り越え、米国株に限らず、投資家の皆さんは歓喜に沸いています。

かくゆう私のポートフォリオも含み益が出てきています。

大型高配当株が好調であり、ABBVやPFE、MMMの含み損が解消されつつあります。

逆に、VISAやMicrosoftが不調ですね。

僕はNISA口座で高配当株

特定口座で連続増配株や監視銘柄

One Tap BUYで成長株(ハイテク大手)に投資する戦略を取っています。

なので、最近はVISAを買い増しました。

エネルギーセクターをポートフォリオに入れるか非常に悩んだ挙句、エクソンモービルへの投資は見送りましたが、株価は好調のようですね。

さて、ここ最近の下落相場と上昇相場を眺めていて、いくつか気になった点があったので、次回の下落に備えて、今のうちに取るべき戦略を書きたいと思います。

【初公開】双子パパの米国株ポートフォリオを公開します子育てに向き合いながら並行して資産形成に挑んでいる様をお届けする!ということで、米国株ポートフォリオを公開いたします。ヘルスケア集中投資?...



株価上昇時に取るべき戦略 ~年末に向けて更なる上昇? 米中貿易摩擦の再燃は?

8月の下落要因は、米中貿易摩擦の再燃です。

関税合戦の結果が、市場の混乱を招いた格好です。

僕のポートフォリオで最も影響を受けた銘柄は、スリーエム(MMM)であり、取得単価170ドルに対して、155ドル前後まで下落しました。

スリーエムは売上高比率の約30%がアジアであり、貿易摩擦の激化を懸念されたようです。

初購入時が180ドルであり、その後ナンピンを繰り返して170ドルまで持ってきましたが、今後の貿易戦争激化も十分に予想されます。

アメリカ大統領選挙を見据えると、株価上昇を予想する声が多く、年内は株価上昇トレンドと考えられるため、175ドルあたりで、保有株の半分ほど売却できればと考えています。

セクター分散、連続増配企業、ほどほどの配当利回り、そして個人的にスリーエムの接着剤を愛用していることから、ポートフォリオ入りを果たしましたが、これだけ米中関係に左右されると、やはりリスキーですね。

今回の下落でディフェンシブだった銘柄・セクターは?

ずばり、公益、生活必需品、通信でしょう。

VDC(生活必需品セクターETF)、VPU(公益セクターETF)は高値圏で買い場を逃したと思っていたら、さらに上昇していきました。

9月の上昇局面では、株価を少し下げてましたので、イケイケ相場での下げを拾っていこうと思います。

通信セクターは、ベライゾンを保有しており、AT&Tの爆上げによる連れ高?を記録してます。

【名著】ハワード・マークスに学ぶ、暴落との付き合い方毎月5万の投資資金を捻出するのが精いっぱいの育児世代の僕は、上昇する株を買う余裕はないのです。 長期目線の弱小バリュー投資家にとって、暴落はむしろ大歓迎なんだ。 僕はこの本を読んで、暴落が好きになりました!...

株価上昇時に取るべき戦略

以上を踏まえて、年内は上昇トレンドが続くと仮定するならば、

米中貿易摩擦に左右されるスリーエムの比率を下げる(一部売却する)

上昇トレンドで売られたVDCやVPUを拾っていく(P&GやMCD、SOは高値であるため、ETFを選択)

割安に見える株が見当たらなければ、SPYDに投資する

上記を念頭に置きながら、臨機応変に対応したいと思います。

ちなみに、定期積立はジュニアNISAで行っており、NISAや特定は完全にタイミング投資で行っています。

それではまた。

Life is challenge meet it.

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

応援よろしくお願いします!

米国株セラピスト
ちゃだいん
高配当個別株の中にセクターETFを取り入れてリスク低減を図る戦略。双子を含む3姉妹の父。ジュニアNISAを積極活用。理学療法士としての知見を活かした子育てや健康情報も発信。
\ Follow me /