家族の未来を考えるBLOG  子育て・健康・お金の話
ジュニアNISA

3姉妹のジュニアNISAはこんな銘柄と比率です

どーも、朝ドラの主題歌はとばさずにしっかり聴く、ちゃだいん(@chadain0809)です。

5年間で買い付けた分は、その後の配当金や売却益が非課税になるジュニアNISA。

2023年までの制度なので、今お子さんがいらっしゃって、金銭的に余裕があれば是非ともおススメの資産運用戦略です。

【朗報】ジュニアNISAが18歳を待たずして払い出し可能に! ~令和2年度税制改正大網~今回の改正では、令和6年以降に、非課税で払い出せることになりました。寝かせるつもりで投信やETFをジュニアNISAで運用し、緊急時は払い出せるというのは、精神衛生上もメリットが大きいですね。...

我が家は、双子を含む3姉妹なので、教育費にビビった結果、3人ともジュニアNISA口座を開設し、震えながら資産運用をしています。

怖いのは、世界恐慌や第3次世界大戦により株式が紙くずになり、2023年以降は新規買い付けが出来ないので、株式価値が戻るまで「待つ」しかできない事。

メリットは、大学進学時の資金と仮定すると、長女でもあと13年程度は運用できるため、長期投資による恩恵を受ける可能性が高い。

最高の展開は、期間限定のジュニアNISAという神制度のおかげで、子供達の進学とともに労働を卒業し、全国キャンピングカーの旅に出て、ご当地の上手い朝ご飯を食べるというZIP!的な展開。

なにはともあれ、今現在の銘柄や比率をご覧ください。

3姉妹のジュニアNISAはこんな銘柄と比率です

まずは長女。

特技はフラダンス。今欲しいものはウクレレだそうです。

基本的には、インデックス投資です。

個別株を握りしめる勇気はありません。

投資信託の定額積立を中心に、ニュースヘッドラインに株価下落が出てくるぐらいの下落時に、投資中の投信や相応のETFを買っています。

コロナショック前は、純金上場信託(1540)も保有していましたが、株価下落と純金価値の上昇により、売却しました。

長女は性格的に慎重なので、待機資金は多めです。

 

続いて次女。

次女は気難しいですが、チャレンジ精神豊富です。

う~ん。

ディフェンシブに米国高配当株式インデックスを選択したのですが、今回のコロナショックからの戻りは最も遅いですね。

もう少し相場が上昇したら、戦略を練り直す予定です。

特筆すべきは、全世界株式は除く日本を選択しています(2559はオールカントリーですが)。

10年後に母国を除いたバチが当たりませんように。

 

 

最後に三女。

三女は天性の愛嬌があり、食いしん坊です。

まあ3人とも似たようなものです。笑

全世界株式を軸に、やや米国や先進国の比率を高め、J-REITやバランスファンドで「投資家らしく分散している」という精神的な安定を求めています。

しかしながら、コロナショックでは、J-REITが暴落しましたし、バランスファンドも落ちました。

分散するなら金(ゴールド)や債券でしょう。

しかし、利下げしきった状態で債券に投資するのは、ややリスキーなので、今後はゴールドをまた集めようかと思います。

コロナショックで感じた次の暴落ですべき事歴史的な暴落を、投資家として体験できて幸せ(ドM)。 この状況で保有株を売らずに、ちょこちょこ買い進められた事に自信を持ちたいと思います。 さて、歴史的な暴落を肌で感じ、この経験を今後の投資活動に活かすべく、ここまで感じた事を羅列しておきたいと思います。...

なぜ待機資金の比率がバラついているのか

一番の大きな要因は、ジュニアNISA独自のルールにあります。

ジュニアNISA口座への入金は、こども名義の銀行口座でなければなりません。

もし親の銀行口座からジュニアNISA口座に入金してしまうと、組み戻しといって一旦親の口座に振り込んだお金を戻さなければなりません。

銀行によって異なりますが、組み戻し手数料は1000円前後です。

こういう無駄なミス、無駄な出費って、無性にイライラしませんか?

これからジュニアNISAを検討される方は、是非ともお気を付けください。

僕は子供用の楽天銀行口座を開設して、そこから振り込んでいますが、楽天銀行はその月の20日までに10万円以上入金してあれば、翌月の振込手数料が1回無料になります。

手数料を払ってジュニアNISA口座に入金するのはもったいないので、上記の方法で振込手数料を無料化しているのですが、長女の入金が20日を過ぎてしまった月があるので、長女だけ待機資金比率が高くなっているのです。

現在、S&P500も3000ポイントを超えてきているので、今後は定期積立で様子をみて、2番底が来たら、待機資金で買い増し、バブルがくれば、1540(純金上場信託)などを検討したいですね。

それではまた。

Life is challenge meet it.

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株セラピスト
ちゃだいん
高配当個別株の中にセクターETFを取り入れてリスク低減を図る戦略。双子を含む3姉妹の父。ジュニアNISAを積極活用。理学療法士としての知見を活かした子育てや健康情報も発信。
\ Follow me /