家族の未来を考えるBLOG  子育て・健康・お金の話
健康

【コロナショック】含み損にはちくわが効く?

どーも、年齢でお年玉額に差をつける大人が苦手だったちゃだいん(@chadain0809)です。

最近の株価下落で、せっかく手にした株を手放した報告を見ると悲しくなります。

長期目線じゃなかったのかよ。

余剰資金じゃなかったのかよ。

しかしながら気持ちはわかります。

底だ!と思って買った株が次の日にまた下がる。

始めは結構メンタルやられますよね。

でも今回の下落の最中に安い!と思って買った株は、十分そこそこ安いのでは?

僕は、S&P500が100ポイント下がる毎に買って良いルールを設けていますが、今回は下落スピードが早く、次第にまだ買って大丈夫か?と不安になりました(月の上限決めなきゃね)。

そんな時に、背中を押してくれたのは、「ちくわ」でした。

【コロナショック】含み損にはちくわが効く?

知ってました?

ちくわって凄いんです。

先日話題になっていたツイート。

ちくわの事、完全に舐めてました。

高たんぱく、低脂肪って最高じゃねえか。

ちなみにデメリットは製造工程で塩分を使うので、食べ過ぎるとむくみやすいのですが、カリウムが豊富なキュウリなどと一緒に食べるとむくみを抑制できるらしいです。

ちくわの中にキュウリを入れて食べるって結構ポピュラーですが、ちゃんと理にかなっていて驚きました。

というわけで、最近の晩酌のおつまみがこちら。

ちくわキュウリのマスタード和え×ハイボール。

ヘルシーなお酒とつまみで健康的に酔い、つらい含み損へのストレスを軽減させて、欲しい銘柄の買付ボタンをポチる。

これで下落相場でも淡々と買えますよ。

くれぐれも特定口座と一般口座を押し間違えないように。

あとは色々な悲観的意見は、耳をちくわにして聞き流しましょう。

余剰資金で長期投資なら下落局面で仕込んだ株はそうそう売る必要ないですよ。

それではまた。

Life is challenge meet it.

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株セラピスト
ちゃだいん
高配当個別株の中にセクターETFを取り入れてリスク低減を図る戦略。双子を含む3姉妹の父。ジュニアNISAを積極活用。理学療法士としての知見を活かした子育てや健康情報も発信。
\ Follow me /