家族の未来を考えるBLOG  子育て・健康・お金の話
子育て

コロナショックで学んだ教訓とは?

どーも、マスクは品切れだけど甘いマスクならあるよ?ちゃだいん(@chadain0809)です。

昨年末から発生した新型コロナウィルス。

重症化しなけりゃただの風邪でしょ?と気を抜いていたら、学校が休校になるわ、マスクやティッシュが売り切れるわ、日常生活や経済への実害が止まりませんね。

我が双子は、低体重出生児で喘息持ちの為、コロナ感染→重症化に備えて、朝晩の吸入を徹底しております。

健康体で産まれ、順風満帆に育ってきた僕は、コロナを舐めてました。

なまじ医療知識があるだけに余計に。

素人なりに投資をしているくせに、コロナそのものではなく、「経済が停滞する」という視点にいち早く気付けませんでした。

家族を守るには、筋トレはもちろん、こういう未知の事態で起こり得ることを予測し行動することが大事だなぁと思ったので、記事にしたいと思います。

コロナショックを経て得た教訓について、父親として得た教訓と投資家として得た教訓に分けて述べていきたいと思います。

父親としてコロナショックにどう対処するか

まずは適切な感染対策を実施しましょう。

マスクは自分の持っている菌を撒き散らさないようにする道具であり、マスクをしていれば100%ウィルスに感染しないという道具ではありません(ねぇドラえもん?)

WHOもそういった主旨の発表をしています。

こまめな手洗いうがいと、規則正しい生活を徹底する、大規模なイベントや商業施設にいかないが基本でしょうね。

したがって買い占めるべきは、マスクではなく、R-1ヨーグルトです!

身体の免疫力を高める方が先決ですね。

僕は若い時、長距離運転後に雨の中フットサルをし、また長距離運転で自宅へ帰り、翌日の仕事中に発熱して職場に新型インフルをまき散らすという失態を犯した経験があります。

疲労と冷え、睡眠不足は免疫力を低下させますから当然ですよね。

ちなみに、コロナの影響で、R-1グランプリは無観客での開催らしいです。

芸人さんにとってこれ以上の地獄があるでしょうか?

コロナショックによる経済の停滞を予測して動く

これが1番の反省点。

コロナのニュースが出た時、まず何が気になりましたか?

僕は症状や予後、感染力など、コロナ自体の情報でしたね。

流行の入り口で、経済が停滞するという問題まで視野に入れることができなかったです。

今ティッシュやオムツなどが品薄のよう。

デマの影響もありますが、実際に経済が停滞すると物流が止まる可能性があるので、特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、普段から生活必需品を多めに備蓄しておく必要があると思います。

子供達が家でも満足して遊べる準備をしておく

我が家の休日といえば、とにかくお出かけ。

3姉妹はお出かけモンスターであり、今日は家でゆっくりなんて口走ったら、もう鬼滅の刃状態です。

しかし、こんな状況ではさすがにお出かけれません。

では家で何するか。

YouTubeも長時間見せたくない、エンドレスおままごともきつい。

そんな時は懸垂して身体機能を高めましょう。

家族で健康になりたいならマイホームに懸垂バーをつけなさい!僕が提案したいのが、「ぶら下がる」という運動。いや運動ではなく息抜きです。 我が家には、1階の天井の梁に「懸垂バー」を設置しています。 ブログ執筆に行き詰った時、ネタが思い浮かばない時、欲しい銘柄を買うか迷った時などに、ぶら下がるのです。...

バーにぶら下がった状態で両足でバーにタッチする。

コロナが流行り始めてから、この課題が3人とも出来るようになりました。

投資家として得たコロナショックの教訓

まずコロナショックは現在進行形なので、現時点(2020年3月2日)での想いを綴ります。

僕の投資方針としては、「資金管理のもと、落ちるナイフは積極的に掴む」、「バイ&ホールド」です。

2020年2月の米国株ポートフォリオと配当金を公開「落ちるナイフは血だらけになっても掴んで離すな」を合言葉に、下落局面でちょこちょこ買っています。 僕は相場の底を狙い撃ちできる自信がないので、ちょこちょこ買えるような資金管理をしてきました。...

今までは上昇局面より下落局面で株を買ってきました。

しかしながら、長い上昇相場に慣らされて、コロナが影響あるかも?と認識されて数%下落した時点からハイテクETFを買い始めました。

その翌日から大幅下落の始まりです。

もちろん資金管理のもと、まだまだちびちびと買える状況ですが、少し下落すると買ってしまうのは多少パフォーマンスに響きます。

そこで僕のポートフォリオに目を向けると、最後にたたき売られていたのは、生活必需品セクターETFと公益セクターETF

さらにその翌日から金(ゴールド)も値下がり始めました。

以下は関連ツイートです。

 

暴落では、最終的に安全資産である金(ゴールド)も売られると耳にしたことがありますが、まさにこのことですね。

これを踏まえて、次回の下落では、金(ゴールド)が売られ始めるまではちびちび買い、売られ始めたら金額を増やして買い増したいなと思います。

とにかく上昇相場の機会損失より、暴落時に買えない機会損失がつらいので、次の上昇相場ではよりリスク管理を意識して運用したいですね。

教訓を踏まえた対策
・現金、債券は30~40%確保(外貨はVGLT、円はスリム日本債券)
・金(ゴールド)は10%保有
・上昇局面では保有ETFと被る個別株を利確
・ETF保有率を高める

リスク管理を意識していましたが、より安全性の高いポートフォリオを目指して精進したいと思います。

それではまた。

Life is challenge meet it.

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株セラピスト
ちゃだいん
高配当個別株の中にセクターETFを取り入れてリスク低減を図る戦略。双子を含む3姉妹の父。ジュニアNISAを積極活用。理学療法士としての知見を活かした子育てや健康情報も発信。
\ Follow me /