家族の未来を考えるBLOG  子育て・健康・お金の話
ポートフォリオ

2020年2月の米国株ポートフォリオと配当金を公開

どーも、なで肩がコンプレックスのちゃだいん(@chadain0809)です。

新型コロナがジワジワ迫ってきていますね。

僕の周りでも様々なイベントが中止や延期になっていて、いよいよ来たかという感じです。

そんな中、米国株式市場も大きな下落局面を迎えています。

「落ちるナイフは血だらけになっても掴んで離すな」

を合言葉に、ちょこちょこ買っています。

僕は相場の底を狙い撃ちできる自信がないので、ちょこちょこ買えるような資金管理をしてきました。

これがもしもリーマン級なら恐らく弾切れを起こしますが、まあ自分のリスク管理が試される局面ですね。

ワクワクします。

では、2020年2月の米国株ポートフォリオをお楽しみください。

2020年2月の米国株ポートフォリオと配当金を公開


お気づきですか?

油でギトギトです。

敬遠していたエネルギーセクターへの投資へ踏みきり、配当権利前にナンピン買いを繰り返す荒技を繰り出したのです。

金余りは判断を鈍らせますね。気を付けましょう。

あっ!

今月の投資資金は、急な円安が進んだ影響もあり、外貨建てMMFを売却したものです。

新規投入資金は10万円程度ですね。

円安時の新規投資には外貨建てMMFを活用すべき理由ドルで米国株に投資している身としては、円安株高は喜ばしいことですが、円安が進むと、新規投資(円をドルに両替して外国株式を買う)がしにくいですね。それでも欲しい銘柄が見つかった際、僕は外貨建てMMFを売却して新規投資資金にしています。...

続いて追加したのは、VGT(米国情報技術セクターETF)。

AppleとMicrosoftだけで約40%を占めるハイテクETFですね。

僕のポートフォリオに足りなかったスパイス。

NYダウが1000ドル下落したタイミングで買ってみたよん。

さらにVGTにレバレッジをかけたTECLも少額追加。

NISA枠が少なくなっているので、まだ下落するようなら残り枠はTECL濃厚です。

米国株ポートフォリオの損益ランキング

では続いて損益率をベスト3まで見ていきましょう。

含み益ベスト3はこれだ!

1位 ヴァージン・ギャラクティック(SPCE):302%
2位 アッヴィ(ABBV):38%
3位 フィリップ・モリス(PM):30%

ポートフォリオには「その他」で表示されている宇宙銘柄が凄いことに。

2019年のNISA枠のあまりで購入。笑

含み損ベスト3はこれだ!

ロイヤルダッチシェル(RDSB):ー13%
ファイザー(PFE):ー13%
アルトリア(MO):ー8%

アルトリアは今までの配当でトントンぐらいですが、1,2位が痛いですね。

復活を待ちましょう。

まだ全体では含み益がある状態ですが、こつこつ買いながらどこかで仕掛けたいと思います。

2020年2月の米国株配当金

2月はアッヴィとベライゾンから計47ドル頂きました。

47ドルあれば、シスコシステムズやSPYDなどが買えます。

やっと配当金再投資できそうな額まで伸びてきました。

まとめ

今後も各国でコロナウィルスが確認されれば、更なる下落が予想されますが、企業価値が変化する事態ではないので、こつこつ買っていきたいと思います。

現段階までの株価下落を受けた感想としては、通信系が頑張ってくれています。

BCEなんか微増です。やはり銘柄分散の効果を感じますね。

あと真のディフェンシブは、ヘルスケアでも公益でもグロースでもなく、宇宙でした。

それではまた。

Life is challenge meet it.

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株セラピスト
ちゃだいん
高配当個別株の中にセクターETFを取り入れてリスク低減を図る戦略。双子を含む3姉妹の父。ジュニアNISAを積極活用。理学療法士としての知見を活かした子育てや健康情報も発信。
\ Follow me /