家族の未来を考えるBLOG  子育て・健康・お金の話
ジュニアNISA

ジュニアNISAで米国株を買わない理由

どーも、左利きに憧れているちゃだいん(@chadain0809)です。

相場に躍らされている右利きの皆さん、こんにちは。

今回は僕が3姉妹の口座で運用しているジュニアNISAについて。

断言すると、お子さんがおられる方はジュニアNISA口座を早急に開設した方が良いと思います。

2020年3月3日に米国が0.5ポイントの緊急利下げを行いました。

この水準の利下げは、後の景気後退に繋がるというアノマリーがあります。

ジュニアNISAは2023年までの制度であり、あと4年は1口座80万円まで投資可能で配当や売却益は非課税となります。

2023年以降は新規投資できません。

仮に今後4年間、景気後退が訪れるとすると、ジュニアNISAが運用できる期間に割安な株やETFを仕込むことが出来ます。

もちろん、上昇相場が続く可能性もありますが、それでも長期保有が前提であれば問題ありませんよね。

じゃあいつ買うか?

今でしょ。

ジュニアNISAで米国株を買わない理由

僕のメイン口座は8割以上が米国株なんですが、ジュニアNISAでは一切米国株は買っておりません。

ここで言う米国株は買っていないとは、円をドルに両替して米国個別株やETFを買っていないという事です。

米国株価指数に連動する投資信託や東証ETFは買っているので、米国市場にはかなり左右されます。

なぜドルに両替してから買わないのかというと、取り崩す際の評価額変動要素を単純にしたいからですね。

新ジュニアNISAのまとめ記事はこちら。

【朗報】ジュニアNISAが18歳を待たずして払い出し可能に! ~令和2年度税制改正大網~今回の改正では、令和6年以降に、非課税で払い出せることになりました。寝かせるつもりで投信やETFをジュニアNISAで運用し、緊急時は払い出せるというのは、精神衛生上もメリットが大きいですね。...

ジュニアNISAは教育資金

ジュニアNISAでの運用資金は、文字通り子供達の教育資金です。

特に双子が進学する際のダブルパンチに震えるほどビビってます。

なので、双子が高校に入学するまでの11年間が勝負。

凄く都合の良い解釈ですが、あと4.5年以内に景気後退が来たとして、その期間に可能な限り米国や全世界株式を買い集めれば、教育資金バリバリ増えてんじゃない?というあま〜い考えです。

次に甘くない考え。

10年後に双子が高校進学となるわけですが、もしその時点で次の周期の景気後退が来ていたら?

もちろん上昇局面でタイミングよく現金や債券にスイッチできれば良いですが、相場はそう甘くありません。

逃げ遅れた場合、株安と円高で評価額はダブルパンチ

ダブルパンチがマイブームではありませんよ。

教育資金はある程度まとまったお金がかかると聞きます。

含み損が出ていても、売却に迫られるでしょう。

評価額に影響するのは株価だけにしたい。

為替リスクを取りたくない。

これが、僕がジュニアNISAで米国株を買わない(ドル資産として持たない)理由です。

今ジュニアNISAで買付しているのは以下の記事にまとめてます。

メリットだらけのジュニアNISAポートフォリオを公開ジュニアNISAは5年間の運用であり、5年経過後は新規買い付けが出来ません。つまりナンピン出来ない。 なので、僕は5年以内の猛烈な買い場に懸けています。...

純金信託は売却済みで、新たにMXS全世界株式(2559)を下落局面で積み増し中です。

長期保有とはいえ、80万もの枠を3人分使い切る余力はないので、ゴールドや債券をうまく使いながら資産の最大化を図りたいと思います。

最後に、株式はリスクがありますので、預金と合わせて無理のない資金配分が大切です。

100%株式にしてしまうと、急落時のメンタル維持が大変です。

また、パートナーが投資に無頓着な場合、自分が死亡してしまった場合、売却方法などの手続きがわからずに困惑することが予想されます。

【相続】投資家がもしもに備えて家族のためにやっておくべき事家族の中で、投資に興味があるのは、僕一人であり、妻は全くノー知識。僕がいくら運用しているのかさえ知りません。 仮に僕が死んでしまった場合、証券口座にいくら残高があって、損益はどの程度なのかは、謎に包まれます。さてどうするか。...

常に最悪の場合を想定しておきましょう。

それではまた。

Life is challenge meet it.

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株セラピスト
ちゃだいん
高配当個別株の中にセクターETFを取り入れてリスク低減を図る戦略。双子を含む3姉妹の父。ジュニアNISAを積極活用。理学療法士としての知見を活かした子育てや健康情報も発信。
\ Follow me /